本文へスキップ

測量士補 資格取得ガイドで測量士補の資格取得を目指そう!

測量士補から土地家屋調査士へ/測量士補 資格取得

測量士補

測量士補から土地家屋調査士へ

   測量士補

規模は小規模であっても独立開業が望める資格です。

測量士又は測量士補の取得者にとっては、ご自分の測量知識・技術をさらに活かすことができ、また不動産
の表示に関する登記の専門家として、全てのスキルを大幅に押し上げてくれる資格です。

是非、お持ちの知識を活かし、この資格に挑んでみることをお勧めします。

測量の知識を活かし、資格取得に有利な立場に立つことが可能です。

測量士又は測量士補の取得者は、土地家屋調査士の筆記試験のうち午前の部の試験が免除となります。

このチャンスを活かさない手はありません。

また、土地家屋調査士試験においては、多肢択一問題の他に、土地と建物の書式問題が出題されます。

特に土地の書式問題においては、測量の専門的知識を必要とする問題が出題されています。

従って、測量を専門分野とされる皆様は、試験の中でも重点的な項目である土地の書式問題について
スムーズに理解し、かつ問題を攻略していく上で有利な立場にあると言えます。

土地家屋調査士の資格を取得すれば、公共測量から民間の不動産登記の測量まで、測量業務をこなすことが
できるようになります。

さらに、不動産登記についての法律的な専門家として、近年頻発している境界紛争に関する業務についても業務を
広げることができ、不動産の境界立会いや境界確定の立会いなどについても、より一層社会的ニーズが高まっている
資格であるともいえます。





測量士補通信講座

 測量士補 講座  生涯学習のユーキャン

試験合格に必要な知識を、ムダなく実力養成可能
測量についてまったく知識のない人でも、図解が満載でムリなく理解できます。
過去10年以上の出題傾向を徹底分析し、どこを重